美容整形外科で働く看護師になるために必要なこと

美容に興味のある看護師なら美容整形外科へ

看護師としての資格を取ると様々な就職先を見つけることができます。医療や介護の業界で活躍する看護師は現代では求人募集が溢れている状態にあり、やりたい仕事に就くために転職をしていくことも容易になっています。実際に仕事に就いてみるとあまり肌に合わないということもよくありますが、転職に困らないのが看護師となるメリットです。医療や介護が典型的とはいえ、それ以外に興味のある看護師にも仕事先は多数あります。その一つとして美容に興味のある看護師にとって良い仕事先となるのが美容整形外科のクリニックです。

美容整形外科での看護師の専門的な仕事

美容整形外科で看護師が働くためには手術室での医師のサポートが行えるということが必須になります。需要が高いことから未経験者でも募集している場合が多く、研修を経て実務に至れる傾向はあります。しかし、人気の高いクリニックで働きたいと考えたり、より有利に職を得たいと考えたりする場合には病院で手術室勤務を一年程度は行った経験を持っている方が有利です。これ以外には看護師として基礎となる検温や注射といった技術を持ち合わせていれば美容整形外科での専門的な仕事は勤まるでしょう。

カスタマーサービスも看護師の仕事

病院に比べるとクリニックでは顧客獲得競争が激しく、特に美容整形外科では患者側もシビアな目でクリニックを比較して訪れます。そのため、高い質のカスタマーサービスを提供することが必須であり、そのサービスに看護師も関与するのが一般的です。特に多いのが美容整形手術に関するカウンセリングを行うというものであり、美容に興味関心の高い顧客とのコミュニケーションを円滑に行えることが大切です。接客能力と美容の知識が求められるのがカスタマーサービス面での看護師の仕事です。

小陰唇縮小」は、小陰唇が大きい為に炎症を繰り返したり、下着等にこすれて痛みを伴ったりする症状を伴います。女性器に関連する悩みでは一番多いと言われています。